オンデマンドウェビナー

AIと翻訳:言語の壁を超える革新

本ウェビナーでは、AIが翻訳業務にもたらす影響や恩恵に焦点を当てます。特に、生成AIの登場により、翻訳におけるAIの活用は、さらに拡大することが考えられます。ニューラル機械翻訳はすでに広く利用されていますが、ChatGPTなどの生成AIを導入することで、機械翻訳後の文法チェックや文体の統一など、ポストエディット業務がより効果的に行えるようになる可能性があります。さらに、Phrase 上で簡単にカスタム機械翻訳エンジンを作成し、継続的な機械学習で品質をますます向上させることも可能になりました。本ウェビナーでは、これらの変化と可能性について詳しくお話しします。

Phrase Localization Suiteの最新AI機能をダイジェストで解説します


ウェビナー内容:

  • 翻訳業界におけるAI利用の可能性
  • 生成AIの翻訳における利用
  • 機械翻訳の過去と現在、そして未来
  • カスタム機械翻訳エンジンについて
  • Phrase Custom AIのDemo
  • Phrase のAI機能ダイジェスト


こんな方におすすめ:

  • 翻訳・ローカライズ担当者の方
  • Webサイトやアプリの多言語化が必要な方
  • ソフトウェア・アプリの開発者の方
  • 機械翻訳を使っているが、品質に満足ができない方
  • 翻訳・ローカライゼーション業務の自動化を実現されたい方