Skip to main content
統合機能

Phrase + Sanity.io

世界中のオーディエンスのために作成されたコンテンツの管理と配信を一元化させ、どのデバイスのユーザーも同様な利用体験が得られるように保証します。

SanityのCCMS(Component Content Management System – コンポーネントコンテンツ管理システム)を活用することで、視聴者の心を鷲掴むマーケティングサイト、高性能なe コマースプラットフォーム、汎用性の高いモバイルアプリなどを構築可能。開発者とコンテンツ制作者があらゆるデジタルチャンネルで、ローカライズされたコンテンツを配信できるようお手伝をいたします。

Sanity Integration for Phrase
Huawei logo colored for logo banner | Phrase
Uber logo | Phrase
Lionbridge logo colored for logo banner | Phrase
Zendesk logo colored for logo banner | Phrase
Fujifilm logo colored for logo banner | Phrase
Shopify logo colored for logo banner | Phrase
Decathlon logo colored for logo banner | Phrase
Deliveroo logo colored for logo banner | Phrase
Skoda
Personio logo colored for logo banner | Phrase
Snowflake logo | Phrase
PEGA logo
Puma logo | Phrase

自動翻訳ワークフローでパーソナライズされたユーザーの利用体験をさらに広げることができます

自動翻訳ワークフローでパーソナライズされたユーザーの利用体験をさらに広げます。Phraseプラットフォームでは、人間翻訳や機械翻訳の組み合わせや、品質管理とレビューステップの追加をカスタマイズし、コンテンツをスムーズに翻訳できます。翻訳済みのコンテンツは自動的にSanityに送信され、手作業をなくし、翻訳プロセスを大幅に加速させます。

Workflow Automation UI

構造化されたコンテンツのローカリゼーションも楽々

構造化されたコンテンツのために開発された、Sanity向けのPhrase統合機能を利用することで、開発者とマーケティングマネジャーは様々なアプリ、デバイス、チャンネルで、グローバル向けコンテンツをローカライズ、配信、再利用できます。一元化されたワークフローにより、多言語コンテンツはどこでも配信可能となり、異なる言語やプラットフォームを利用するすべてのユーザーに同じ利用体験を提供できます。

Increased control and visibility

高性能なコンテンツ認識機能で、翻訳の効率性と品質をさらに向上させます

Sanityプラグインの高性能なコンテンツ認識機能は、翻訳済みのコンテンツを除外し、新規コンテンツのみを翻訳に送信します。この機能により、時間とコストを削減し、チームがより用意にコンテンツを更新できるようになります。公開前に翻訳内容をプレビューできるため、すべてのチャンネルで同じ利用体験とサービスクオリティを維持できます。

App translated from one language to another

さらに強力かつ効果的になったチームコラボレーション

コンテンツチームと国際ビジネスチームがスムーズに共同作業し、Sanity CCMSから離れることなく翻訳内容を確認できます。プラットフォームを切り替える手間を省くことで、ワークフローが一元化され、生産性の向上や意思決定の加速をもたらします。

Collaboration workflow

準備はいいですか?

より多くの人々にリーチし、より深いつながりを築きましょう。