翻訳管理

翻訳管理に関するROIを測定する方法

このガイドは、翻訳管理のROIを測定する方法を学び、翻訳管理の重要性を主要な関係者に伝える際に役立ちます。
Translation management blog category featured image | Phrase

翻訳およびローカライズされたコンテンツは、ビジネスを活性化させ、多くの消費者に商品を知ってもらうことができます。そして、ローカライズを始めた企業はより早く成長する傾向があります。

2011年にCommon Sense Advisoryがフォーチュン500社を対象に実施した調査によると、翻訳に投資している企業では、総収益が増加する可能性が1.5倍も高くなるそうです。

これは、翻訳が収益の増加に貢献することを明確に示しています。しかし、組織レベルで言語と収益の関係を証明するにはどうすればよいのでしょうか?

翻訳の価値を測る方法: 成功の定義

ROI(投資収益率)に関する情報は、翻訳管理とローカリゼーションのビジネス価値を定量化することができますが、何をトラッキングすればよいのでしょうか。

どのようなROI計算も、お客様のビジネスにとって何が最も重要かによって異なります。

企業はさまざまな方法で成功を測定しますが、その多くは主要な指標に焦点を当てたビジネス目標を設定しています。多くの場合、収益、市場シェア、新規顧客の数が優先されます。また、ブランド認知度の向上や顧客満足度の向上など、目に見えにくい情報にも関心があるかもしれません。

ROIを測定するために、翻訳作業をビジネス目標と関連する指標に結びつけるようにしてください。戦略的な方向性と一致するプロジェクトは、資金提供や支援を得られる可能性が高くなります。

数字のトラッキング

測定可能なパフォーマンス指標や測定基準は数多くあります。小さく始めて、KPIをシンプルに保つのがベストです。

まず、ビジネスを成長させるために何が最も重要かを考えましょう。

翻訳の価値をコスト削減の観点だけで評価するのではなく、品質や市場投入までの時間も測定すべき重要な要素であることを忘れないでください。

ROIの可能性は、翻訳量、対象言語の数、更新頻度、および事前定義されたワークフローを使用する機能が増加するにつれて増加します。

翻訳に特化したコスト削減のKPIとしては、以下のようなものが考えられます:

  • 経費控除した後の翻訳1ワードあたりのコスト
  • 質の低い翻訳、手作業によるプロセス、管理間接費にかかるコスト
  • プロジェクトごとの利益

翻訳とローカリゼーションがビジネス目標全体に与える影響に関するKPIには、次のようなものがあります:

  • 収益対翻訳コスト
  • コンバージョン率
  • トラフィック(国・言語別)
  • 市場シェア
  • 新規顧客数

市場シェアの獲得

多くの企業が翻訳に投資する際に最初に考えるのは、新規顧客の獲得です。

翻訳されたコンテンツは、新たな潜在顧客にリーチし、売上を増加させることができます。多くの証拠が、人々が自国語で情報が提示されたときに製品を購入する可能性が高いことを示しているからです。

グローバルウェブサイトの投資収益率

グローバルウェブサイトとランディングページは、カスタマージャーニーにおける重要な要素です。

ページビューや「いいね!」、シェアをカウントすることもできますが、翻訳の効果やROIを測定するには、コンテンツがどれだけ反響を呼んだかを判断します。例えば、あるキャンペーンがある市場ではうまくいったが、他の市場では失敗した理由を分析します。

翻訳されたウェブサイトやランディングページは、より高いコンバージョン率につながり、翻訳された広告は、より良いクリック率につながります。例えば、Phraseは、ローカライズ後、ランディングページの平均滞在時間コンバージョン率が17%増加したことに気づきました。

ジリアン・ミュージック(SEOスペシャリストMOZの共同創設者)はこう主張しています: 「調査によると、自国語で情報を提供した場合、ウェブサイトの読者の3倍が顧客に変わるそうです。法律やプライバシーに関するページを翻訳する必要はありませんが、重要なランディングページや販売ページは翻訳する必要があります。そうしないことは、潜在的なビジネスの2/3を遠ざけることになります。」

翻訳コストの節約

コスト削減は、おそらく最も明白な引き金となるものです。質の低い翻訳、手作業によるプロセス、管理オーバーヘッドによって発生するコストは、適切な翻訳管理ツールを使用することで大幅に削減することができ、自動化され改善された翻訳およびローカリゼーション管理と容易に比較することができます。

たとえば、Phraseのクライアントは、1言語、月あたり最大1人日を節約しています。その他の指標としては、翻訳の再利用(ローカライズする単語数の削減)、オーサリングの改善(ソースコンテンツ内の単語やフレーズの標準化)、単語ごとのローカライズコストの削減などが考えられます。

市場投入までの時間の短縮

適切な翻訳管理ツールを使用し、ローカリゼーションプロセスを合理化することで、不必要で反復的な手作業や管理オーバーヘッドを取り除くことができます。

これは、ビジネスの観点からは、効率性の向上と、製品や情報をあらゆる市場に迅速かつ柔軟に展開することによる競争優位性の獲得を意味します。例えば、Phraseを使用した場合、受注した翻訳の95%は24時間以内、80%は12時間以内に翻訳が完了します。

つまり、従来は数週間から数ヶ月かかっていた新規市場への参入が、24時間以内に可能になります。

結論

ROIを計算するのは大変なことで、指標を定義し、数字を追跡するのは確かに努力が必要です。

しかし、翻訳管理予算やグローバル展開について決断を下すとき、ROIの証拠があれば、より大きな投資を主張することができます。

翻訳とローカリゼーションの価値は、顧客にとってより有用なコンテンツとして現れ、収益の増加、市場投入までの時間の短縮、ブランド認知度の向上、顧客満足度の向上につながります。