Skip to main content
Solutions by use case

継続的なローカライズ

アジャイルかつ継続的なローカライズのために作られたプラットフォームで、自動化と納期短縮を実現しましょう。

デモの予約 無料トライアルを開始
Solutions by use case | Phrase
G2 4.6 stars rating | Phrase

シームレスなコラボレーション

翻訳チームと開発チームの密接な連携により、透明性を高めコミュニケーションの時間と手間を減らしましょう。

協働的なローカライゼーションについて詳しく知る

Comment exchange between different roles working on the project | Phrase

単一の信頼できる情報源

ウェブまたはモバイルアプリの最新版を継続的に更新可能な場所に、ソフトウェアコンテンツをまとめて保存して管理を一元化しましょう。

Source of truth visual | Phrase
翻訳を開発サイクルに組み込む
開発者が翻訳を待つことなく、コンテンツを継続的に更新することができます。
納期短縮
開発者と翻訳者が並行して作業できるため、コンテンツをより迅速にリリースできます。
継続的なデプロイメント
開発中でもローカライズできます。翻訳が必要な新しいコンテンツが自動的にPhraseに同期されます。
世界へのインパクト

数字で見るPhrase

95%
プロジェクト納期の短縮
48時間
リリースごとの平均節約時間
50%
デプロイ時間を短縮

The localization process is so much more streamlined, which makes it much easier to release new versions and add new locales.

Thibaut Davoult

Growth Engineer

See all case studies

Phrase is the most developer-friendly and continuous-deployment-friendly solution on the market.

Ed Vinyard

Leading Software Architect

See all case studies

Phrase has helped us save a great amount of time, as it is very user-friendly for localizers, especially for linguists. It brings us one step closer to achieving our goal of continuous localization.

Skylar Tan

Head of Localization

See all case studies

よくある質問

継続的なローカライズに関する疑問にお答えします

ウォーターフォール型ローカライゼーションなどの従来の翻訳手法では、ローカライゼーションが開発サイクルの最後に行われるため、アジャイルな開発が妨げられます。継続的なローカライズは、開発と並行して翻訳およびレビューを行うことを目的としています。ローカライゼーションと翻訳が始めから開発サイクルに組み込まれており、両方のプロセスを同時に実施できるようになっています。

Phrase Stringsはキーベースであるため、継続的なローカライズに適しています。個別のキーを作成してアップデートを定期的にリリースできるため、ソフトウェア開発における継続的なローカライズワークフローに最適なソリューションとなっています。

Phraseは50以上のファイルの種類をサポートしています。ローカライゼーションファイル形式の詳しい概要はドキュメントをご覧ください。

準備はいいですか?

より多くの人々にリーチし、より深いつながりを築きましょう。