ローカライゼーションのソフトウェアの中でもベストの使用体験

ローカライゼーションマネージャ、プロダクトマネージャ、エンジニアリングマネージャなど、多くのマネージャがPhraseを利用してローカライゼーションプロジェクトの管理の強化、プロセスの迅速化、およびスケールの拡大を容易に実現しています。Phraseでは、プロジェクトのワークフローを管理することができます。

翻訳済み・検証済みの単語数およびキー数など、チームの個々のメンバーの活動について常に最新情報を入手することができます。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

チームメンバーの割り当て、ブリーフィングの提供、選択した言語への期限の設定により、すべての翻訳タスクを整理します。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

簡易レビューワークフローを簡単に実装し、新しい翻訳または更新済みの翻訳を校正してください。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

Phraseはサードパーティーの翻訳ベンダーと提携しているため、プラットフォーム内からプロによる翻訳を注文することができます。

翻訳注文の詳細について見るarrow_forward

プロジェクトと対応言語に応じて各チームメンバーにそれぞれの役割とアクセス権を割り当てて、ローカライゼーションのプロジェクトチームを組むことができます。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

Phrase内での直接的な通知と、Eメール経由の通知により、プロジェクトに関するすべての変更についての最新情報が常に入手可能です。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward
fullscreen

新しいコンテンツは、機械翻訳や翻訳メモリを使ったPhraseの自動翻訳にお任せください。Phraseにアップロードすれば、自動入力で新しいキーやロケール、ファイルを自動的にそのまま多言語に翻訳します。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

製品のローカライゼーションのエラーを防ぎましょう!すべての翻訳をチェックして、極端に長い言い回し、壊れたプレースホルダー、用語集の用語の誤訳などの問題を確認しましょう。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

Teamsの機能を使用すると、ユーザーの管理を気にすることなくPhrase内のプロジェクト、言語、ユーザーの数を拡大することができます。

Teamsについてもっと詳しくarrow_forward

Slackで通知を受け取りましょう。PhraseをSlackと連携することで、すべての関係者に翻訳プロジェクトについての情報を提供しましょう。

Slackとのインテグレーションについてもっと詳しくarrow_forward

翻訳の仕事をJiraチケットに結びつけてJiraで直接アップデートを受け取りましょう。両方のプラットホームで常に翻訳のステータスの完全な透明性を確保しましょう。

ドキュメンテーションで詳細を読むarrow_forward

数字に反映される成果

Phraseは、ご利用になる世界中のお客様に測定可能で強力な成果をもたらすプラットフォームです。

50%

プロジェクトに必要なマンパワーが削減されます

80%

ユーザーエクスペリエンスおよびエンゲージメントに大きな変化をもたらします

2〜3

月毎の仕事量が低減します

マネージャがPhraseを利用し続ける理由

「Phraseは、Kreditechが国レベル・製品レベルの両方で海外展開に成功した重要な要因の一つです」

Ricardo Vidal
Kreditechの取締役副社長

開始!

簡単なセットアップ、14日間の無料トライアル。いつでも、購入もしくはキャンセルが可能です。

無料トライアルデモの予約