Skip to main content
Phrase ニューリリース| 2024年3月13日~3月20日

ハイパーオートメーションの加速:ローカリゼーションの未来

Phraseの最新の製品リリースは、言語テクノロジー機能における新たな変革をもたらします。AIの可能性を活用し続ける中、私たちは特に企業のローカリゼーション業務に重要な三つの要素、品質ハイパーオートメーション、そして拡張性に焦点を当てました。

生成AIを活用した最先端機能

今回のリリースでは、LLMを搭載した2つの新しい革新的な機能、自動LQA(言語品質評価)AI Actionsを発表しました。これらの技術革新は、タスクの正確な自動化や人的ミスの削減、効率化を高めます。

自動LQAの発表

自動LQAは、手作業で労力のかかる作業をなくすために、私たちが開発した最新のLLM機能です。この機能は、ローカリゼーションプロセスの各段階で、すべての翻訳コンテンツの品質を自動的に評価します。これにより、翻訳者によるポストエディットの時間とコストを大幅に削減し、翻訳の一貫性と品質を高めることが可能です。

詳しくはこちら

Auto LQA eliminates manual, labor-intensive tasks, giving users the ability to automatically assess the quality of all their translated content at every step of the localization process, significantly reducing the time and cost of human post-editing, while enhancing translation consistency and quality.

AI Actionの導入

AI Actionを使うと、生成AIの力で誰でも簡単に翻訳の品質を向上できます。翻訳者は、翻訳された文章に微妙なニュアンスを加えるため、Phrase内でさまざまなスタイルの改善を選択できるようになりました。必要に応じて、技術的なトーンやカジュアルなトーンに変更したり、翻訳文全体を言い換えたりすることが可能です。

詳しくはこちら

 Phrase Portal が完全に利用可能になりました

今回のリリースでは、新しいPhrase Portalが完全に利用可能になったことをお知らせいたします。セルフサービスで安全かつユーザーフレンドリーなインターフェースにより、ビジネス全体のチームが高品質な機械翻訳やAI機能に直接アクセスできるようになりました。ローカリゼーションチームは、組織全体の多様な翻訳ニーズに対応する、会社の認可を受けた翻訳ソリューションを提供できます。

組織内の全てのメンバーが利用できる拡張性のあるローカリゼーション・ソリューション

新しいPhrase Portalは、組織内の全ての従業員が、高速、正確、安全な翻訳が利用できるよう開発された機能です。

これにより、各部門は、承認された直感的な機械翻訳ツールを利用できるようになり、さらに、特定の翻訳ニーズに合わせてカスタマイズすることもできるようになりました。

Phrase Portalを利用することで、あらゆる部門にソリューションを提供できるため、リスクのある無料ツールや高価な外部リソースを使用する必要がなくなります。

詳しくはこちら

Phrase Portal is designed to provide easy access to fast, accurate and secure translation for every team in your business.

ワークフローの効率化と品質管理の向上

Phraseは品質と自動化を組み合わせて、Phrase QPSを通じてスケーラブルで効率的な品質評価を実現し、常に高い基準を一貫して維持できるようにしました。このアプローチにより、業務を合理化し、卓越した品質のための新たなベンチマークを設定できます。

Phrase OrchestratorがQPSをサポート

Phrase Orchestratorは自動ルーティング機能により、Phrase品質評価スコア(QPS)を活用するようになりました。自動ルーティングは、事前に設定した品質基準を満たさない翻訳セグメントを、ポストエディットやLQA処理などの次の処理に自動的にルーティングします。

自動ルーティング機能を使うことで、修正が必要な箇所のみをポストエディットすればよく、ほかのコンテンツの翻訳と品質評価ワークフローは自動的に処理されます。

詳しくはこちら

Phrase Orchestrator now leverages the Phrase Quality Performance Score (QPS) via the Auto-Routing capability. Auto-Routing will automatically route individual translated segments that do not meet the required quality standards for further processing for post-editing or LQA processing. 


QPSを活用したデータキュレーション

Phrase Custom AI は、Phrase QPS を使用して MTデータセットとTM をトレーニングするための自動キュレーションを提供します。事前に設定されたPhrase QPS基準を満たすセグメントのみがモデルの学習に使用されるため、人による編集の必要性が減り、高品質な出力が得られます。

詳しくはこちら

Phrase Custom AI now provides automated curation for training MT datasets and TMs using Phrase Quality Performance Score (QPS).

他にも最新情報があります!

ローカリゼーションを変えてみませんか?