ローカライズ戦略

eコマースのローカリゼーション:市場全体で成長を促進するためのガイド

国際的なeコマースは複雑であり、グローバル市場への参入には多くの障壁があります。このガイドでは、ローカリゼーションがグローバル市場への参入にどのように役立つかを解説します。
Ecommerce localization blog post featured image | Phrase

近年の世界的なeコマースへの驚異的なシフトは、あらゆるタイプの企業にeコマース戦略の見直しを迫っています。消費者は力を持っており、複数のタッチポイントで特定のニーズや好みに合わせて調整された、シームレスでパーソナライズされたカスタマー エクスペリエンス (CX) を求めています。

複数の地域で同時に展開する必要がある企業にとって、競争に勝ち残り、オンラインマーケットプレイスで注目を集めようとする販売業者を打破するには、慎重な計画が必要です。

そして、eコマースビジネスのための堅実なローカリゼーション戦略は、ITワークフローや多言語カスタマーサービスから、マーケティングやUXのローカリゼーションまで、あらゆる点を考慮する必要があります。このガイドでは、そのすべての側面について説明します。

Phrase localization suite key visual | Phrase

Phrase Localization Platformでグローバルビジネスを展開する方法

高品質で高速かつスケーラブルなローカリゼーションを実現するために必要なすべてのツールを1つのプラットフォームにまとめて提供します。

Phrase Platformを見る

Overview

国際eコマースの全体像

企業が国境を越えてオンラインで製品やサービスを販売することは、グローバル規模のeコマースです。世界のeコマースの売上は毎年増加し続けており、デジタル購入者は 2021年には21.4億人 に達し、 売上高は49.2億ドルに達し、2025年には 73.8億ドルの売上になると予測されています。

これほど多くのチャンスがある一方で、国際的なeコマースを成功させたいと考える企業が克服しなければならない課題は数多くあります。参入の障壁は高く、海外向けeコマースは、国内向けeコマースとはまったく異なり、ウェブサイトやアプリを別の言語に翻訳するだけでは十分ではありません。

企業が競争力を維持し、関連性を保つには、複数のタッチポイントで優れた顧客体験 (CX) を提供し、特定の市場のニーズに合わせてユーザー ジャーニーを継続的に調整する必要があります。世界規模で e コマースの成功を実現する鍵は、優れたグローバル ショッピング体験を確保することであり、それはeコマースのローカリゼーションに帰着します。

eコマースのローカリゼーションとは何か?

eコマースのローカリゼーションとは、eコマースのウェブサイトやショッピングアプリ、カスタマーサポートやマーケティングキャンペーンなど、オンラインショッピング体験を現地特有の文化的嗜好に適合させるプロセスです。

eコマースのローカリゼーションには以下が含まれます:

  • コンテンツのローカリゼーション
  • UIのローカリゼーション
  • UXのローカリゼーション – 支払い方法、配送オプション、機能性、ユーザージャーニーなどの調整など
  • 顧客サービスのローカリゼーション – 現地の言語でのサポートを提供
  • マーケティングローカリゼーションなど

簡単に言うと、eコマースのローカリゼーションは、文化的な障壁にぶつかることなく、複数の市場でビジネスを展開できるようにすることです。ターゲットマーケットがeコマースプラットフォームを理解し、利用することができれば、購入したり、再来したり、他の人に製品やサービスをすすめたりする可能性が高くなります。逆もまた然りですもしユーザーが、自分たちのニーズが理解されていないと感じた場合、わずか1クリックで理解している競合他社を選んでしまいます。

そして、eコマースのローカリゼーションに真剣に取り組んでいない企業は、次のような問題に直面する可能性があります。

  • 顧客サービスに関する問題の発生
  • ショッピングカートの放棄
  • 低いコンバージョン率
  • 低い顧客満足度(CSAT)とネットプロモータースコア(NPS)
  • ウェブサイトのトラフィックの減少

eコマースの最大手企業は、eコマースのローカリゼーションの重要性を長い間理解してきました。たとえば、Amazon は他のローカリゼーションの取り組みに加えて、地理的、言語的にもアクセスが困難な8億人の顧客をターゲットとして、ゼロから物流ネットワークを構築するという、インドの農村戦略 に大規模な投資を行っています。

Amazonのインドにおけるeコマースのローカリゼーションには以下のような取り組みがあります。

  • 安価なスマートフォンで動作するようにアプリを修正
  • 数十万ものインドの言語での製品説明
  • 文字が読めない人のための動画制作
  • オンラインショッピングに不慣れな顧客のために、アマゾンのラーニングセンターを開設
  • 代金引換での支払い
  • 地方に近い場所に倉庫を設置
  • 小さな店舗を荷物の預かり所として活用し、遠方の顧客に荷物を届ける

こうしたローカリゼーションの取り組みは Amazon India にとって大きな利益をもたらし、 2021 年の売上高は 49% 増となっています。しかしながら、e コマースのローカリゼーションは資金力のある大企業だけのものではありません。e コマースのローカリゼーションを適切に実施することで、あらゆる規模の企業が e コマースの取り組みで世界的な成長を実現できます。

シームレスなグローバルショッピング体験

eコマースの状況はかつてないほど複雑で競争が激しくなっており、「優れた」eコマース体験の基準は高くなっています。今日の顧客は、世界のどこにいても、シームレスでパーソナライズされたオムニチャネルのeコマース体験を期待しています。

さらに、地域の要件を満たしながら、複数の市場でブランドメッセージの一貫性を保つという課題もあります。一貫性は、信頼性の本質を伝え、ブランド ロイヤルティを育み、信頼性を伝えます。これらはすべて売上の向上につながり、現地の消費者の要求を満たすことで、競争で優位に立つことができます。

自社のブランドに忠実でありながら、あらゆる市場でシームレスなeコマース体験を提供するには、以下の基本原則を考慮してください。

各市場におけるターゲットの好みと可能性を理解する

それぞれのロケール(ユーザーの言語、国、および特定の好みを定義するパラメータのセット)には、独自のeコマースの状況と消費者のニーズがあります。そのため、各市場の微妙なニュアンスに精通し、eコマースの体験をそれに合わせてカスタマイズすることが重要です。

次のような質問を自問してみてください。どのような支払い方法が人気なのか?迅速な配送と物流の選択肢があるか?その国のeコマースの規制はどのようなものか?

UXを確認する

快適さ、親しみやすさ、使いやすさは万人に共通するものではありません。文化的に適切なデザイン、画像、配色、ユーザー ジャーニー、およびターゲットに直接アピールできる要素を使用するようにしてください。

UXローカリゼーション は、優れた e コマース エクスペリエンスを提供するための重要な要素です。地域の規範、期待、思考プロセス、言語はすべて、顧客がブランド、製品、マーケティングをどのように認識するかに影響を与えます。そのため、eコマース UX をそれに応じてローカライズすることが重要です。

価格をローカライズする

ある市場で同じ価格のものが、別の市場では高くなったり安くなったりすることがあります。これは、eコマースの価格戦略で考慮する必要があることです。

ある通貨から別の通貨への単純な変換をするような表面的な価格のローカライズを選択する場合でも、税金や配送料などの市場固有の要因に応じて価格を調整する場合でも、価格設定が各市場で適切かつ競争力があることを確認してください。

現地に関連した情報を提供する

eコマースの買い物客は、製品の仕様、レビュー、在庫状況など、地域に関連のある製品情報を見つけることができることを期待しています。

たとえば、ある商品が特定の市場でしか販売されていないのであれば、顧客にそれを知らせるか、その地域のeコマースサイトから除外してください。

多言語のカスタマーサービスを提供する

eコマースの顧客が受けるサポートのレベルは、eコマースジャーニー全体に影響を与えます。顧客が選択した言語で実際の担当者と話すことができれば、電子商取引の買い物客は安心し、ブランドへの忠誠心を高め、カートの放棄や否定的なレビューの可能性が低くなります。

多言語カスタマーサポートをチャットボットやその他のAIを搭載したeコマースサポートツールで補完することで、次のレベルに引き上げることができます。

現地ユーザーの共感を呼ぶマーケティングコンテンツを作成する

マーケティング資料やウェブサイトのコピーは、ターゲット市場の文化的、言語的、技術的な期待に合わせてローカライズすることが理想的です。

たとえば、現地の祝日はe コマースのプロモーションを実施するのに適した時期であり、現地で有名なランドマークや人物を描いた画像はエンゲージメントを促進するのに役立ちます。

地域レベルで信頼を築く

ある市場で他のeコマース企業に対抗したい場合、特に地元のeコマース大手と競争する場合は、その市場での信頼性を築く必要があります。

これを実現する方法の1つは、eコマースイベントや製品レビューなどを通じて地元のインフルエンサーや業界団体と協力し、市場での eコマースブランドの存在感と認知度を高めることです。

購入後の顧客エンゲージメントを最適化する

適切なe コマース エクスペリエンスを提供した後は、メールマーケティングキャンペーンやソーシャルメディアなど、さまざまなチャネルを通じて顧客との関わりを継続するようにしてください。

これを現地の言語で行い、文化的に適切な口調で伝えることで、顧客体験を大切にしていることがターゲットに伝わります。

市場全体のパフォーマンスを監視する

eコマースのパフォーマンスを常に把握しておくことは、マーケティングと UX の決定を行うために不可欠です。

多言語感情分析ツールを使用すると、ローカル市場全体で e コマース指標 (製品の人気、ユーザーエンゲージメント、顧客満足度など) をリアルタイムで追跡し、タイムリーな調整を行って e コマースの売上を世界的に伸ばすことができます。

販売チャネルを地域のeコマースの動きに合わせる

eコマースの販売チャネルは市場によって大きく異なる場合があります。たとえば、アルゼンチンでは、顧客は WhatsAppや Facebookのマーケットプレイスを経由して企業から購入することに慣れています。

このようにeコマースプラットフォームを補完することで、この市場のeコマース顧客をより効果的に取り込み、コンバージョンにつなげることができるようになります。同じロジックが、他の市場で好まれるeコマースの販売チャネルにも当てはまります。

eコマースにおけるローカリゼーションのメリット

ここまで、eコマースのローカリゼーションとは何か、そしてグローバルなeコマースで成功するために確認すべき項目について見てきました。次に、eコマースのローカリゼーションがビジネスにもたらすメリットをいくつか見ていきます。

シームレスなグローバル顧客体験

最適化されたeコマースのローカリゼーションワークフローでは、翻訳者は、企業の既存の開発ワークフローとは別のローカリゼーションプロセスに従うのではなく、コンテンツが利用可能になり次第、開発者と連携して作業します。これは継続的なローカリゼーションと呼ばれ、これを実施することで、世界中の顧客に一貫したeコマース体験を提供することができます。

eコマースの迅速な配信という性質がローカリゼーションのワークフローにも適用されれば、市場をまたいだ商品コンテンツの継続的な作成、ローカリゼーション、配信、メンテナンスが可能になります。eコマースのローカリゼーション戦略は、一元化されたデータ、自動化されたプロセス、そして人間の専門知識をタイムリーに加えることで、顧客が場所や言語に関係なく、常に最高のユーザー体験を得られるようになります。

グローバルマーチャンダイジングプランニングの合理化

適切な商品を、適切な場所で、適切な時間に、適切な言語で顧客に提供するためには、eコマースのローカリゼーションのワークフローをしっかりと構築する必要があります。

たとえば、異なる市場のeコマースの商品販売チームには、地域ごとの製品コンテンツ資産や特定のランディングページの準備が必要な独自のニーズがあるかもしれません。一元化したeコマースのローカリゼーションプラットフォームを導入することで、商品販売チームは数時間または数日でeコマース製品情報をローカライズ、編集、および公開できるようになります。これにより、eコマース企業は効果的かつ効率的なグローバルな商品販売計画の恩恵を受けることができます。

一貫したグローバルブランドメッセージ

効果的なローカリゼーションを確実に行うための重要な側面は、ブランド メッセージが市場全体で一貫していることを確認することです。一貫性は、本質的に信頼性と信頼度を伝えるため、ブランド ロイヤルティを育むことができ、売上の増加につながります。対照的に、ブランドに一貫性がないと、e コマースの顧客を混乱させ、苛立たせ、ブランドの信頼性を失わせることになりかねません。

ブランドの一貫性を保つことは、主に業務上の課題です。eコマースのローカリゼーション ソリューションなどを通じて、全員の取り組みを 1 か所に集約して部門間の接続性を実現すると、関係者全員が同じ最新のデータを使用して作業できるようになります。これを自動化と組み合わせると、人的エラーが減り、全員の足並みが揃い、効率が向上するという自然な結果として、ブランドの一貫性が生まれます。

市場全体における顧客満足度の向上

満足した顧客は、リピーターとして再び購入をする可能性が高く、それはまさにe コマース企業が望んでいることです。しかし、それだけではありません。満足した e コマースの顧客は、友人、同僚、家族とポジティブな体験を共有し、全体的な売上の増加につながる可能性があります。

新しい市場に参入する際、eコマースのローカリゼーションは、国内の顧客と同じレベルの満足度を達成するために不可欠な要素です。ほとんどの顧客は、自国語での即時のカスタマーケアを期待しており、これにより再購入する可能性が高くなることが証明されています。

海外売上高の着実な増加

e コマースのローカリゼーションは、新しい市場や新しい顧客を開拓することで、e コマースの売上を着実に増加させることができます。コンテンツを現地の言語で利用できるようにし、 国際的な SEO のベスト プラクティスでこれらの取り組みを補完して見つけてもらう可能性を高めることで、企業は顧客ベースを効果的に拡大できます。

同時に、eコマース プラットフォームは、組み合わせるコンテンツの種類が多いため、大きな課題をもたらします。マーケティングメッセージ、商品説明、ユーザーが提供した資産は、新しい市場に展開している小規模なオンライン小売業社や、何千ものeコマースページを持つ巨大企業であっても、すべてローカリゼーションが必要です。

断片化され、適切にローカライズされていない eコマース サイトにならないための鍵は、適切なテクノロジーを身に付けることです。では、eコマースローカリゼーションソリューションのメリットを見ていきます。

ローカリゼーションテクノロジーがeコマースの拡大を促進

ローカリゼーション技術は、複雑なeコマースコンテンツ管理プロセスを簡素化し、eコマースコンテンツを一貫してタイムリーにローカライズするために必要なすべてのツールを提供します。

ローカリゼーションに適したeコマースの技術スタックには、使い慣れた好みのソフトウェアとシームレスに統合でき、 組織全体のローカリゼーション ニーズをすべてカバーできるソリューションが必要です。

ローカリゼーションに適した技術スタックに統合して、市場投入までの時間を短縮し、より良い結果を達成するために役立つローカリゼーション ソリューションに求められる機能には、次のものがあります。

  • 翻訳メモリ:過去に翻訳され、承認されたコンテンツのデータベースです。翻訳メモリを使用することで、時間を節約し、翻訳の一貫性を高めることができます。eコマース コンテンツでは繰り返しが多く見られるため、翻訳メモリによってローカリゼーション プロセスが簡単になり、コストが削減され、処理時間が短縮されます。
  • 用語集:承認済みの用語を一元的に管理し、将来のプロジェクトで再利用することができます。これには、人によるモニタリングの必要性を減らすことから、ブランド固有の用語をすばやく検索できることまで、さまざまなメリットがあります。
  • コンテンツの統合:eコマースコンテンツのアジャイルな性質は、ローカリゼーションプロセスを通じて、eコマースシステムとコンテンツを簡単かつ自動的に同期できるローカリゼーションソリューションが必要であることを意味します。これにより、作業の中断が最小限に抑えられ、エラーや遅延が減ります。
  • デザインの統合:FigmaやSketchなどのデザインソフトウェアに接続できるローカリゼーションツールを使用すると、デザインツールから直接コンテンツをアップロードし、翻訳されたコンテンツをデザイン環境にプッシュすることができます。これにより、デザイナーはテキストを何時間もかけてコピーし直す必要がなくなり、時間を大幅に節約できます。
  • プロジェクト管理:優れたeコマースローカリゼーションソリューションは、タスクの割り当てや進捗状況の追跡から、締め切りの管理やプロジェクト関係者への通知の送信まで、強力なプロジェクト管理ツールを提供します。すべての動きを可視化することができれば、潜在的なボトルネックを簡単に特定し、遅れを素早く軽減することができます。
  • 品質保証:eコマースのローカリゼーションでは、通常、大量の作業と短いターンアラウンドタイムが品質に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、優れたeコマースのローカリゼーションソリューションでは、スペル チェック、文法チェック、用語の不一致、翻訳の欠落などの自動エラー検出ツールを提供する必要があります。
  • AIを搭載した機械翻訳機能:機械翻訳技術の進歩により、AIを搭載した機械翻訳の力を活用することで、eコマースコンテンツの配信をスピードアップすることができます。特に、視認性の低いコンテンツや、チャットボットの応答や製品レビューなどのすぐに消えてしまうコンテンツ、またはすぐに公開する必要がある何百もの製品説明がある場合、このテクノロジーにより、ローカリゼーション プロセスを簡素化し、効率を大幅に向上します。
  • レポーティングと分析:eコマースローカリゼーションプロジェクトのパフォーマンスに関するインサイトを得るには、詳細なレポートや分析ツールを提供するeコマースローカリゼーションソリューションを活用してください。これには、翻訳の品質、プロジェクトの所要時間、翻訳者の生産性に関するデータが含まれます。測定しなければ改善することはできません。そのため、意思決定やビジネス目標の達成に役立つデータをできるだけ多く入手できるようする必要があります。

オンラインショップをローカライズするためのベストプラクティス

eコマースのローカリゼーションを成功させるのに役立つベストプラクティスがいくつかあります。ここでは、いくつかのヒントをご紹介します。

市場調査を実施する

eコマースコンテンツのローカライズを始める前に、関心のあるターゲット市場の市場調査をを実施することが重要です。そうすることで、新しいオーディエンスの言語や文化的嗜好を理解することができ、それに応じてeコマース戦略を調整できるようになります。

ビジネス目標に基づいてコンテンツの優先順位を決める

ローカリゼーションプロジェクトを計画する際には、戦略的なアプローチをとり、eコマースの拡大努力に最もROIをもたらすコンテンツに焦点を絞ります。これには、注目度の高い製品の説明、マーケティング コピー、検索エンジンの結果で上位にランクされる必要があるコンテンツなどが含まれます。重要度の低いコンテンツについては、機械翻訳を利用し、その出力をそのまま使用するか、人による編集プロセスを経るかを決定します。

多言語SEOに投資する

上で示したように、特定の市場で誰もあなたのウェブサイトを見つけられなければ、世界最高のカタログ、価格、製品の説明も意味がありません。できるだけ多くの潜在顧客にリーチするためには、多言語SEOにに投資することが重要です。

ショッピングカートをローカライズする

適切な通貨、現地で好まれる支払い方法、各顧客の所在地に基づいた適切な正確な送料と税率を表示するようにローカライズすることで、カートと決済ページを海外のユーザーにとって魅力的で使いやすいものにします。

日付と時刻を正しい形式に整える

eコマースコンテンツのローカライズは、現地の基準に合わせることです。これには、国や地域の慣習に従って日付や時刻を正しい形式に整えることが含まれます。たとえば、多くのヨーロッパ諸国では、日付を表記する際、「4 August 」のように、月より日が先に来ますが、アメリカやカナダでは、「August 4 」と表記します。

現地の規制を遵守する

国際的なeコマースの大きな課題は、各国の異なる規制や要件に対応し続けることです。現地のデータ保護規則では何が定められていますか? 消費税を徴収する必要がありますか? その場合、その国の税率はいくらですか? 商品の輸出入に関する規則は何ですか? これらの要件を調査するために時間と労力を費やすことで、海外の顧客により良いサービスを提供し、法律を遵守できるようになります。

地域の顧客サポートを提供する

現地の言語で現地のチャネルを通じてカスタマー サポートを提供することで、顧客満足度が向上することを説明しました。その他にも、タイム ゾーンの違い、繁忙期、現地の祝日も考慮する必要があります。ターゲットに合わせた地域別のカスタマーサポートを提供することで、海外の顧客を大切にし、優れた eコマース エクスペリエンスを提供していることを示すことができます。

適切な写真や画像を使用する

「一枚の絵は千の言葉に匹敵する。」と言われますが、これは特に国際的なオーディエンスに向けてマーケティングを行う際に重要です。eコマースストアの画像は製品を正確に表現し、異なる地域や市場の顧客にとってわかりやすいものであることを確認してください。たとえば、白人が雪のスキー リゾートを楽しんでいる写真を掲載しても、白人居住者の割合が低い熱帯の国では受け入れられない可能性があります。

ソーシャルメディアをローカライズする

私たちはソーシャル メディアの時代に生きており、eコマース ビジネスはこの強力なマーケティングツールを最大限に活用する必要があります。ソーシャル メディア コンテンツをローカライズすることで、よりパーソナライズされた方法で顧客と関わることができ、ブランド ロイヤルティの向上に役立ちます。Facebook の投稿、ツイート、Instagram のキャプションを世界中のターゲット ユーザーの心に響くように調整することを検討してください。いくつかのプラットフォームでは、市場ごとにプロフィールを作成する必要があるかもしれません。または、地域ごとのコンテンツを含むグローバルプロフィールを検討することもできます。

新しいローカリゼーション体験へようこそ

eコマースのローカリゼーションに関しては Phrase Localization Platform は最高の技術的味方です。これは、eコマースビジネスが簡単かつ手頃な価格でグローバル市場に参入し、現地の顧客とつながり、国境を越えて成長と成功を促進することを可能にする完全なソリューションです。

Phraseでローカリゼーション プロジェクトを管理すると、次のことが可能になります。

  • eコマースのローカリゼーション作業を一元化し、生産性、品質、収益を向上させます。
  • 単一のプラットフォーム上でリアルタイムのコラボレーションを促進し、社内外の関係者に対し、シームレスで正確、かつ納期厳守の翻訳およびローカリゼーションワークフローを実現します。
  • eコマースで使い慣れたファイル形式で、翻訳用コンテンツを送信できます。
  • お好みのeコマース、コンテンツ、または製品情報管理プラットフォーム(Magento、WooCommerce、Sitecore、Adobe Experience Managerなど)とのすぐに使用できる統合、またはAPIを介したカスタム統合を構築できます。
  • 確立された翻訳テクノロジーと AI を活用し 機械翻訳機能を組み合わせます。
  • 情報セキュリティ管理システムを通じて、データセキュリティと暗号化への総合的なアプローチを提供します。

このように、Phrase Localization Platformはグローバルなeコマース環境を実現します。

お気軽にお問い合わせください

当社のソリューションが、グローバルビジネスのチャンスをどのように引き出すことができるか、詳しくご案内いたします。また、Phrase Localization Platform に関するご質問にもお答えします。

お問い合わせはこちら