Skip to main content
Solutions by use case

文書翻訳

Phrase TMSは、文書翻訳(ファイルベースのローカライゼーション、ファイル翻訳)に最適なソリューションです。

デモの予約 無料トライアルを開始
Solutions by use case | Phrase
G2 4.6 stars rating | Phrase

文書翻訳とは

文書翻訳は、Word文書、スライド資料、ブログ記事、Eメールなどのファイルを翻訳することを指します。文書内のセグメントには特定の順序があります。完成した翻訳ファイルは、原文ファイルと同じファイル形式で納品されます。

自動化された翻訳ワークフロー

そのまますぐに使える多数のインテグレーションを利用して、ワークフローを自動化しましょう。インテグレーションにより、Google ドライブなどの特定のフォルダを監視することが可能です。フォルダに新しいファイルが追加されると、翻訳プロセスがすぐに開始されます。翻訳が完成したら、元のGoogle ドライブフォルダに同期されます。

ワークフローの自動化について詳しく知る

 

Workflow Automation | Phrase

即時見積もり

翻訳を必要とするすべての部署にサブミッターポータルを提供しましょう。そうすることで、従業員はファイルをアップロードしたり、即時見積もりを取得したり、翻訳完了時に通知を受け取ることができます。

Submitter portal | Phrase

翻訳メモリ

Phrase TMSは、翻訳メモリの101%一致を識別します。これは、原文が完全一致するだけでなく、前後のセグメントも一致するということです。101%一致は自動的に完了としてマークすることができ、翻訳者は時間をかける必要がありません。

Translation memory | Phrase

インテグレーション

シームレスなローカライゼーション体験

Phraseは、あらゆるワークフローに適合させることができます。

世界へのインパクト

数字で見るPhrase

50+
インテグレーション
50+
ファイル形式
2B+
毎月の処理ワード数

Phrase has transformed our localization process and we started to see positive results from day one. We are able to measure and analyze the scope of each translation project enabling accurate and instant insight for all stakeholders.

Emma Davis

Chief Editor

See all case studies

よくある質問

文書翻訳に関する疑問にお答えします

はい。Phrase TMSの翻訳メモリはリアルタイムで動作するため、繰り返しは、セグメントが完了済に設定されると同時に自動入力されます。

Phrase TMSでは、ほとんどのファイル形式で文書内プレビューを使用できるため、正確な翻訳が可能です。文書全体のプレビューを確認することで、リンギストは翻訳でははくトランスクリエーションを行うことも可能になります。

Phrase TMSでは、専門的な翻訳向けの自動化されたワークフローを簡単にセットアップできます。ユーザーは、ワークフローステップをカスタマイズし、翻訳プロバイダを割り当てたプロジェクトテンプレートを作成できます。そのため、たとえば法律翻訳では、あらかじめ選定した認定プロバイダが常に翻訳を行い、追加のレビューが実施されるようにすることができます。

準備はいいですか?

より多くの人々にリーチし、より深いつながりを築きましょう。