KreditechはPhraseを利用してグローバルに展開しています。

36言語

9マーケット

620Kワード数

60+ローカライゼーションチーム

Phraseのプラットフォームは、フィンテックのスタートアップ企業Kreditechの多言語オペレーションを自動化することで、国際的なビジネスの拡大を支援しました。Kreditechは、現地マーケットへの新規参入にあたり、マーケットへの製品投入までの時間を短縮することができました。現在、Kreditechは9カ国のマーケットで30の言語に対応しています。

ハンブルクを拠点とするフィンテックのスタートアップ企業Kreditechは、すべての人のための、より良いバンキングを構築することを目指しており、現在9カ国で事業を展開しています。個人向けにクレジットを発行するだけでなく、バンキング技術やサポートサービスを開発しています。新しい国のマーケットへ非常に短い期間でサービスを投入できることを証明したKreditechは、今後、世界で安定した成長を実現するための態勢が整っています。同社は世界展開を目指す上で有利な立場にあるといえます。

Kreditechは、ウェブおよびモバイル翻訳プロジェクトのためのソフトウェアローカライゼーションプラットフォームであるPhraseを使用して、ローカライゼーションプロセスを加速し、国際的な展開を後押ししました。Kreditechは早期に成功を収めたものの、国際事業をより効率的に拡大するためのソリューションを必要としていました。Phraseを使用すれば、企業はウェブサイト、アプリ、デスクトップアプリケーションを簡単に多言語化し、より短時間でマーケットへ投入できるので、グローバルマーケットにおいて優位性を得られます。そのため、起業家が直面する国際化の障壁は大幅に下がります。企業は多言語の調整に柔軟に対応しているため、新規市場の状況により迅速に適応することができます。

Kreditechは、まず数カ国で製品をリリースした後、多言語オペレーションの自動化、リーチの拡大にPhraseが役立つと理解しました。ローカライゼーションプロセスを加速させるためにPhraseの利用を開始し、国際展開に弾みをつけることができました。Kitreditechは当初、ローカライゼーションを処理する際にXMLファイルを使用しており、セクション、プロパティ、値で構成される基本的な構造を用いていました。ローカライゼーションプロセスに関わるすべての人が、単一のファイルにアクセスできるようになっていました。開発者、翻訳者、プロジェクトマネージャが同じ単一ファイルを編集し、しばしばエラーが発生していました。

間違ったロケールで翻訳されたり、文書構造が壊れたりすると、膨大な間接費が発生しました。

Kreditechは、ウェブプラットフォーム上で直接文字列を翻訳する、PhraseのIn-Contextエディタを統合しました。翻訳者は、単に意味不明な文字列を翻訳するのではなく、実際にアプリケーションのどこに配置されるかを見て、コンテキストを把握することができるようになりました。これは基本的なことのように思えますが、Kreditechが75万以上の単語の作成と継続的な更新を処理する上で大切なことです。それにより時間とコストを節約し、全体的な翻訳品質を向上させることができました。

KreditechはPhraseを使用して、ローカライゼーションプロジェクトの現状をリアルタイムでモニタリングし、言語バージョンの追跡、タスクや指示、スケジュール、翻訳コストのモニタリングを行っています。30以上の異なる言語バージョンがあっても、Phraseで、すべてのローカライゼーションプロセスを整理し、管理費を削減できました。

大規模なローカライゼーションプロジェクトには、通常、多くのさまざまな当事者が参加します。Phraseは、Kreditechが翻訳者、開発者、プロダクトマネージャの大規模なチームと簡単にコラボレーションできるようにしました。異なる役割とシステムへのアクセスを持つ60人以上から成るユーザーチームをPhrase上で管理するのは簡単でした。

開発者はすべてのプロジェクトで文字列を作成することができますが、翻訳者は特定の言語でのみ翻訳原稿を編集することができます。

Ricardo Vidal(製品責任者)は、Phraseとのインテグレーションについて次のように述べています。

「Phraseは、Kreditechが国レベル・製品レベルの両方で海外展開に成功した重要な要因の一つです」

Ricardo Vidal
Kreditechの上席副社長&製品管理責任者

Kreditechは一部の国で複数の製品を提供していますが、Phraseは一つの国に複数のロケールを容易に作成できるので、ポートフォリオ管理が簡単です。マーケットへの製品投入までの時間を短縮することは、Kreditechのようなフィンテック企業にとって極めて重要です。フィンテックのスタートアップ企業Kreditechが新しい国で製品を立ち上げるたびに、Phraseによって大幅に時間を削減しています。

Kreditechは、全体的な開発プロセスの中に、Phraseを簡単に統合することができました。Phraseは、新商品や新規市場への売り込みまでの時間を大幅に短縮することに貢献しました。今日、Kreditechは複数の金融商品のポートフォリオを持ち、9カ国で30の異なる言語にスムーズに対応しています。


使用されている機能

supervisor_account

ユーザーロールおよびアクセスコントロール

プロジェクトやロケールに応じて、各チームメンバーに専用のロールとアクセス権を割り当てることで、ローカライゼーションチームを組織します。

aspect_ratio

In-Contextエディタ

PhraseのIn-Contextエディタは、ほぼすべてのウェブアプリケーションに統合することが可能です。サイト上で直接コンテンツを翻訳することができます。

device_hub

API

このAPIを使用すると、ロケールファイルのインポート、ロケールファイルのダウンロード、キーのタグ付け、その他の方法でPhraseに保存されているアカウントのローカライズデータとのやり取りを行うことができます。


Kreditechとは

ハンブルグに拠点を置くフィンテックのスタートアップ企業Kreditechは、2012年に代替信用情報機関のアイデアとしてスタートし、子会社が短期間で少額融資を行う貸出事業へと発展しました。

Kreditechは何を提供していますか?

Kreditechの使命はシンプルです。「皆のためのより良いバンキング」。ビッグデータ、複雑なアルゴリズム、自動ワークフローを使用することで、Kreditechは個人の信用スコアを数秒で計算することができます。現在、同社は4つの金融商品のポートフォリオを持ち、9か国で30種類の言語および製品バージョンをサポートしています。

誰がKreditechを使いますか?

簡単・スピーディな個人ローンを提供するKreditechは、2019年現在で100万人以上が使用しています。同社はまた、バンキング技術やサポートサービスを開発しています。

Kreditechで何ができますか?

同社のスコアリング技術のために、申請者は毎日24時間オファーを要求し、迅速かつ簡単な方法で支払いを受け取ることができます。

結論

開始!

簡単なセットアップ、14日間の無料トライアル。いつでも、購入もしくはキャンセルが可能です。

無料トライアルデモの予約